印刷通販を注文するなら知っておきたい基礎知識

分かっているようで分からない印刷の基礎知識やもっと理解することで今後の印刷データの作り方が変わるかも?

そんな情報を紹介していきます。印刷物を作るときの知識としてお役立てください。

vol.67
ターゲットによって変わる?!

しっかり届けるチラシの配布方法

チラシの配り方

どんなに効果のあるチラシを作っても、狙ったターゲットに届かなければ意味がありません。

ちゃんとチラシを必要としている人、チラシを見て欲しい人に届けるためにチラシの配り方と最低限のルールをご紹介していきます。

  1. ポスティング
  2. 折込チラシ
  3. 店舗配布
  4. 街頭配布
チラシ配布ターゲットイメージ

商圏エリアのターゲットを狙うならポスティング

チラシをポストへ直接配布する方法

配布したいエリアを決めて配布することができるため、区域あたりのカバー率が高いです。前もってエリアマーケティングをすることでチラシを受け取って欲しいターゲットを狙って配布することができます。

ポストに入っているので他の郵便物を取り出す際に必ず手に取ってもらえるためチラシを見てもらいやすいです。また、新聞未購読世帯でもPRできるので、若い世帯や、一人暮らしの方にも届けやすいです。

エリアを絞りやすいため地域密着型(学習塾、個人商店、デリバリー店など)の商売のチラシを配布するにはおすすめです。

反対に新聞折込とは違い、早朝の一斉配布が出来ません。一定の配布期間を決めて配布するケースが多いです。

ポスティングチラシ配布エリア
ワンストップで便利な印刷通販JBFの印刷+ポスティングセット注文が便利!

ポスティングでチラシを配布するなら印刷とポスティング配布がセットになった商品が便利です。エリアを決めて印刷内容を確定すると自動見積で価格までチェックできて、そのままご注文までしていただけます。

【印刷+ポスティングセット注文のオススメポイント】

  • 住所検索で商圏タイプ(徒歩・自転車・自動車・円商圏)に合わせて配布エリアを決められる
  • 配布範囲の増減もワンクリックで、狙ったエリアを決めやすい
  • 配布期間を選択出来る(1週間・2週間・4週間)配布期間を選択出来る(1週間・2週間・4週間)
  • 配布クオリティは高品質。
  • 配布後に配布完了報告書でご報告するので安心。
  • ご注文で選択頂いた範囲GIS統計データに基づくエリア情報を閲覧出来る。

※選択範囲とはご注文時検索初期設定基本情報です。

印刷通販JBFポスティング注文画面

信頼度の高い新聞折込でチラシを届ける

新聞と一緒に届けてもらえる

インターネットの普及によりメディア環境の大きな変化がある中で、情報の伝達手段として新聞折り込みチラシは現代でも確かな影響力があります。新聞と一緒に届くからこそ信頼性がある折込チラシがその影響力を発揮するのかもしれません。

新聞折込は地域に密着した情報をその地域の方に発信できます。またイベント前、売り出し日の当日に発信できる為、適切なタイミングに合わせた集客が見込めます。

デメリットは新聞購読者へ届くのでターゲットの年齢層は絞りにくく購読者しか見てもらえないため限られた人に届かない場合もあります。

信頼性を求める商品やイベント、売り出し日当日に告知したい際には新聞折込でのチラシ配布が向いています。

折込チラシ

リピーターを増やすための店舗配布

店舗でお客様に配布する

会計時に手渡ししたり、レジなどの目につく場所に設置して自由にお客様に持って帰って頂く方法が多いです。

既存のお客様に対してのチラシなのでリピーターになってもらうためのチラシに向いています。

チラシの内容もクーポン券やキャンペーン、セール、新商品やオススメ情報などを載せるとチラシに対する関心度がさらに高くなって販促効果のアップが期待できます。

お客様に持って帰って頂かなくてはならないため、チラシの内容や仕様を気に入って貰わなければならないため、作成する段階から考慮する必要があります。

サイズを通常のものとは変えてみたり、加工をしてみたりすることで興味を持って頂くことが出来ます。

自由に持って行ってもらう場合は配布部数も限られてくるので部数が少ない場合は小部数印刷がオススメです。デザインを店舗ごとに変えたり、必要な枚数だけ利用できるので便利です。

店舗配布チラシ

不特定多数に配布するなら街頭配布

行き交う人に声をかけて手渡しする

人の多い場所や街中で不特定多数に手渡しするので、新規顧客へのアピールや店舗やサービスの告知をする際に効果が期待できます。

商品やサービスに興味がありそうな年齢や性別で直接配布することができます。店舗の前で配布すると店舗との関連性を意識してもらえてターゲットも絞ることが出来ます。

不特定多数にチラシを配布するので配布枚数が増えるため、印刷予算を抑えるなら、弊社のおまかせフライヤー印刷がおすすめです。

チラシにクーポンをつけるなどの工夫の他に、配布する場所や時間帯なども考慮することで広告効果をアップへ繫げることが出来ます。

街中で手渡しする

チラシ配布の最低限のルール

イメージを悪くしないためのルール

チラシ配布で注意したいのは、適切な相手に情報を伝えるためにはルールに従って、相手に届けるということです。ルールを守らないチラシ配布はどんなに内容が魅力的でも、イメージの悪い店、商品だと印象が残ってしまい逆効果になってしまいます。チラシを受け取る人の気持ちを考えたチラシ配布が販売促進の効果を上げるための大切なポイントとなります。

高品質なポスティングを依頼したいなら印刷+ポスティングのセット注文がおすすめです!

【作成上の注意】 ポスティングやチラシで必ず入れなければならない情報
  • お問い合わせ電話番号
  • 屋号や会社名
  • 住所
  • 広告有効期間

(セールの期間やキャンペーンなどのサービスの提供機関がある場合はチラシの有効期限を必ず明記して下さい。)

【ポスティング配布での最低限のルール】
  • 立ち入り禁止に入る
  • 入れないで欲しいと言われたところへ入れる
  • 非常識の頻度で同じ場所に配布する
  • 「チラシお断り」を無視する
  • 詰め込むように入れて、入れ方が汚い
【店舗配布・街頭配布での最低限のルール】
  • 通行人の進路をふさぐ
  • 無理矢理、押しつけて渡す
  • 受取を拒否しても追いかけて渡す
  • 断り無く商品や袋へチラシを一緒に入れる
印刷通販JBFサポートセンター
印刷塾バックナンバー
新規会員登録はこちらから
オススメ・新商品
チラシ配布情報
商品メニュー
テンプレートダウンロード
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
サポートセンター
ページトップへ