印刷通販を注文するなら知っておきたい基礎知識

分かっているようで分からない印刷の基礎知識やもっと理解することで今後の印刷データの作り方が変わるかも?

そんな情報を紹介していきます。印刷物を作るときの知識としてお役立てください。

vol.80
新聞みたいに作りたい

綴じなし(スクラム製本)パンフレット

綴じなしパンフレットとは?

綴じなしパンフレットは二つ折りにした用紙を順に重ね合わせて、冊子状にまとめる製本方法で、「スクラム製本」といいます。他にも「空綴じ」「針金無し製本」といわれる場合もあります。

代表的な例で言えば、新聞です。新聞みたいな冊子が作りたい場合は綴じなしパンフレット印刷をご利用下さい。

綴じなしパンフレットイメージ

中綴じ製本と綴じなし製本の違い

中綴じ冊子と大きく違うのは、針金を使わないことと、6P冊子が作れることです。6P冊子としてだけでなく、A3の2つ折りにA4ペラを挟み込みたい場合にも大変便利な製本です。

仕上がりA4サイズ10,000枚〜100,000枚対応なので、挟み込み作業が短縮できてコストダウンになります。他にも定番の8P、16Pが対応可能です。

情報誌やフリーペーパー、広報誌などに利用されています。商品にないサイズ、ページ数のものをご希望の場合はサポートセンターへお気軽にご相談ください。

掲載内容に関しては2018年11月現在の情報です。

中綴じ製本と綴じなし製本の違い 6PA4仕上がりの挟み込み冊子イメージ

安心&エコの綴じなしパンフレット

製本するのに針金を使用しないため、冊子を見るときに針金が外れてしまってケガをさせたり、破棄するときに針金を外して処分するなどの手間がかからないというメリットがあります。

【綴じなしパンフレットのメリット】
□破棄しやすい
シュレッダーや資源ゴミにそのまま出すことが出来る。
□エコロジー
資源物として100%リサイクルできます。地球に優しい製本。
□安心・安全
小さな子供やご年配の方など誰でも安心して扱うことができる。
環境と人に優しい冊子

印刷通販JBFが取り扱っている冊子印刷で針金を使わない製本があります。それは「のり綴じ冊子製本」と「無線綴じ製本」です。

のり綴じ冊子製本は6Pも対応可能で金属針金を使わずに安全度の高い水溶性接着液を使用した製本で、環境配慮・安全・安心パンフレットです。

無線綴じ製本は20P~最大132P対応可能なのでページが多い冊子に向いています。用途に合わせてご利用下さい。

糊で綴じる冊子
印刷通販JBFサポートセンター
印刷塾バックナンバー
新規会員登録はこちらから
オススメ・新商品
綴じなしパンフレット
商品メニュー
テンプレートダウンロード
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
サポートセンター

ページトップへ