印刷通販を注文するなら知っておきたい基礎知識

分かっているようで分からない印刷の基礎知識やもっと理解することで今後の印刷データの作り方が変わるかも?

そんな情報を紹介していきます。印刷物を作るときの知識としてお役立てください。

vol.79
ダイレクトメールの定番!

圧着DMはがきのV、Z、Lとは?

圧着はがきとは?

圧着はがきは用紙を2つ折りまたは3つ折りにして圧着加工することで定形はがきと同じ取扱いになります。定形はがきの規格サイズは長さが14cm~15.4cm、幅が9cm~10.7cm以内、重さが(2g以上6g未満/通)のものになります。圧着はがきは2つ折りや3つ折りしている分、紙面が大きくなるので、情報量が通常のはがきに比べて2倍、3倍となります。

さらに、圧着された部分は見えないためプライバシー保護の必要な個人情報等を含んだ通知はがきや請求書・明細書・納付書等の案内状などに多く利用されています。また、ダイレクトメールとしてお手元に届いた場合、中を開けたくなる心理効果から、開封率が高く精読率もアップします。

通常ハガキと圧着DM(V折、Z折りの比較)

V折、Z折、L折の特長

圧着はがきの折りの種類はZ折り、V折り、L折りがあります。それぞれで紙面の広さが違い、掲載できる情報量がことなります。用途に合わせて選びましょう。

V折(4面)
スタンダードなタイプで情報量は通常はがきの2倍!

2つ折りタイプの圧着はがきで、通常はがき+2面分の情報が掲載できます。

圧着V折り4面はがき
Z折(6面)
両面圧着タイプで情報量は通常はがきの3倍!

外3つ折り(Z折り)タイプの圧着はがきで、通常はがき+4面分の情報が掲載できます。情報量も多く乗せられることから通知書などに多く利用されています。

圧着Z折り6面はがき
L折(往復はがき)
往復はがきで、返信用には圧着がありません。レスポンスツールにぴったり!

往復はがきに使われる2つ折りタイプの圧着はがきです。片側は圧着せず、切り離して返信はがきとしてご利用いただけます。イベントなどの出席確認、申込みはがきとして最適です。往復はがきと同等の扱いです。

圧着L折り往復はがき

フォルム圧着だから写真もキレイ

印刷通販JBFで取り扱っている圧着DMはがきはフィルムタイプになります。印刷した用紙に専用のフィルムを貼り付けて圧着するので開いた際に水濡れに強く、糊を使用していないのでベタベタしません。お客様に不快感を与えません。表面にフィルムの光沢があるため、ニスタイプと比較してキレイに仕上がりやすく、写真映えする仕様になっています。

フィルム圧着仕上がりイメージ

情報が透けないようにするもう一工夫

圧着はがきは圧着されている分、情報の保護にすぐれていますが、重要な通知でより機密性を高めたい場合は、裏面に地紋やベタをいれることで更に透けにくくする工夫をすることができます。

地紋を入れて透けにくくする工夫

圧着型抜き付きはおもしろDM企画にぴったり!

印刷通販JBFでは、通常の圧着DMだけでなく、ダイレクトメールに更なるおもしろさ、企画力のある「型抜き付」の商品をご準備しております。

型抜き付とは、圧着DMの一部分を型抜きすることができる商品で、型抜き部分はカードのようになっているため、そのまま会員証としてご利用されることも可能ですし、割引券やプレゼント引換券など、来場を促す企画としても利用することができます。

また、バリアブル印字と組み合わせることでくじ引き、抽選など、企画次第で様々なことができるおもしろDMとなっています。バリアブル印字についてはサポートセンターへご相談ください。

型抜き圧着DMイメージ

宛名印字もお任せ下さい!

印刷通販JBFの圧着DMは宛名印字付の商品もご用意しております。郵送するには住所や氏名などの宛名情報が不可欠。その情報を直接印字することが出来るので、宛名シールや手描きをする必要がありません。DM送付作業の時間短縮、効率アップに繋がります。

印刷仕上がった商品のそのまま発送代行をご希望の場合はサポートセンターへご相談ください。

圧着DMはがきの宛名印字付商品
印刷通販JBFサポートセンター
印刷塾バックナンバー
新規会員登録はこちらから
オススメ・新商品
圧着DMはがき印刷の基本
商品メニュー
テンプレートダウンロード
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
サポートセンター

ページトップへ