Illustratorのモノクロデータ作成の注意点

Illustratorデータ作成時の注意点
モノクロ印刷の場合は、カラーはK(黒)のみで作成してください
モノクロ印刷用データに、カラーデータが含まれていませんか?

モノクロ印刷商品をご利用の場合は、オブジェクトカラーを「グレースケール」で作成していただく必要があります。

モノクロ印刷商品はオブジェクトのカラーを「グレースケール」にする必要があり、データに一部でもカラーが入っているとデータ不備として再入稿なる場合がありますので予めご了承ください。

モノクロのように見えてもCMYカラーの場合があります。

一見モノクロにみえるものでも、実はCMYから―の掛け合わせによってつくられた黒色(モノクロ)の場合がありますのでご注意ください。

再度、データに使用されているカラーをご確認いただき、K(黒)以外で作成されている場合はグレースケールへ変換して下さい。

※RGBのデータをCMYK変換しても黒やグレーの箇所が4色の黒になっていますのでご注意ください。

黒4色
カラーからのモノクロ(グレースケール)変換にご注意ください。

カラーからモノクロ(グレースケール)変換によって、イメージが大きく変わってしまう場合がありますので、ご注意ください。

カラーとモノクロの比較

※薄い色(とくに黄色など)は見えづらくなります。

※ディスプレイ上で識別できていても、変換によって色が同化してしまう場合があります。

※違う色でも、濃淡が似ていると、変換後に区別できなくなる場合があります。

一度グレースケール処理を行った場合、再びカラーに戻すことができません。

修正などが必要になるとおきのために編集可能なデータはお客様自身で保管してください。

Illustratorのドキュメントのカラーモードをグレースケールへ変更する
レイヤーロック解除
[1] すべてのレイヤーのロックを
解除します

「レイヤー」→鍵マークをクリック→「ロックを解除」

全てのロック解除
[2] すべてのロックを解除します

「オブジェクト」→「すべてをロック解除」

※ロックされているオブジェクトがない場合は選択できません

リンク画像がある場合は画像を埋め込んでいただくか、Photoshopでグレースケール処理を行ったものを配置してください。

※ビットマップ(.bmp)画像はグレースケール変換できません。

>Photoshopでのグレースケール処理方法

全てを選択
[3] すべてのオブジェクトを選択

「選択」→「すべてを選択」

グレースケール変換
[4]グレースケールに変換

「編集(フィルター)」→「カラーを編集」→「グレースケールに変換」

確認
[5] 変換結果を確認する

パターンやグラデーションに、カラーデータは残っていませんか?

バージョンによって、パターンやグラデーションが変換できない場合がありますので、変換後のデータをよくお確かめください。

※イラストレータCS4以上のバージョンをご使用の場合は「分版プレビュー」で完全に黒色になっているかをご確認いただけます。

サポートセンター問い合わせ先

テクニカルガイドINDEXへ戻る

オススメ・新商品
Illustratorデータ注意点
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ