印刷通販を注文するなら知っておきたい基礎知識

分かっているようで分からない印刷の基礎知識やもっと理解することで今後の印刷データの作り方が変わるかも?

そんな情報を紹介していきます。印刷物を作るときの知識としてお役立てください。

vol.16
色に関する基礎知識

RGBカラーとCMYKカラーの違い

色は3色を適量混色することで色を表現します。色の三原色は写真やテレビなどに使われていて、三原色には色光の三原色RGB(加法混色)とCMY(減法混色)の2つがあります。

RGBカラーとは?

RGBカラーは、光の三原色「R(レッド)」「G(グリーン)」「B(ブルー)」のことです。

パソコンのモニターや、デジカメ、スキャナなどは、このRGBカラーで色が表現されています。

RGBカラーは混ざれば混ざるほど色が明るくなり、白色に近づくため『加法混色』と言われています。

RGBイメージ

CMYKカラーとは?

CMYKカラーは、色料の三原色の「C(シアン)」「M(マゼンタ)」「Y(イエロー)」と「K(ブラック)」を使った色表現のことです。

CMYは混ぜれば混ぜるほど色が暗くなるため『減法混色』と言われています。

しかし、実際にはCMYだけでは真っ黒ににはならないため、プロセスカラーの印刷では、CMYのインキにK(ブラック)を加えた4色(プロセスカラー)で色を表現しています。

CMYKイメージ

オフセット印刷などのフルカラー印刷は4色のインキ「C(シアン)」「M(マゼンタ)」「Y(イエロー)」「K(ブラック)」それぞれの版が重なり合って印刷され、フルカラーが再現されます。

RGBとCMYKでは色の領域が異なる

RGBとCMYKでは、再現できる色の領域(色空間・カラースペース)が異なります。RGBでは再現可能であってもCMYKでは再現できない領域があります。

そのためRGBで作成されたデータを印刷すると、再現できない領域が別の色(CMYKでの近似色)に置き換えられてしまうため、印刷用データは、CMYKカラーで作成する必要があります。Photoshopなどはフィルタを使う際にRGBでなければ作業できないものもあるため、データ入稿の際には再度確認することをお勧めしています。

色のイメージ

RGBカラーは仕上がり時の色味が変わってしまうことがあります

印刷はCMYKカラーの4色(プロセスカラー)で色を表現しています。

RGBカラーでは表現できていた色表現でも、CMYKでは表現できない領域があるためRGBカラーで作成されているデータは仕上がり時に色味が変わってしまうことがあります。

データ通りの印刷をするためにもデータもCMYKで作る必要があります。Microsoft Officeなどのソフトで作成するものにはカラーモードを変更できないものもあるため、RGBデータを作成する場合は色味が変わってしまうことはご了解の上、それぞれのアプリケーションの注意点をご確認の上、ご入稿してください。

>フォトショップのカラーモード設定について

RGBカラーをCMYKカラーへ変換させた時の色味のイメージ

弊社では、RGBカラーやダブルトーンやLabカラーなどのCMYKとモノクロ以外のカラーモードでの印刷は対応しておりませんので、CMYKやモノクロ以外のご入稿の場合はデータ不備として再入稿になる場合がありますので予めご了承ください。

Microsoft OfficeやPhotoshop Elementsまたは、LE(Limited Edition)をご利用の場合は・・・

Microsoft OfficeやPhotoshop ElementsまたはLE(Limited Edition)ではCMYKカラーの設定が使用できないものもあるため、RGBのままご入稿ください。

ただし、弊社で強制的にCMYKカラーに変換いたしますが、どうしても色が全体的にくすんでしまいます。これはRGBカラーとCMYKカラーとでは再現色域が異なるためで避けられないことです。ご理解をお願いいたします。

>カラーモードを変換した際の色の変化例

印刷通販JBFサポートセンター
印刷塾バックナンバー
新規会員登録はこちらから

[参考文献]

『改訂版 印刷発注の基本がわかる本』(2010) 藤本隆著/日本能率協会マネジメントセンター

『カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2014』(2014)ワークスコーポレーション 書籍編集部編

オススメ・新商品
色の基本情報
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ