Illustratorのファイル保存について

Illustratorデータ作成時の注意点
必ず、作成したバージョンのAI形式またはEPS形式で保存してください。
作成したバージョンを選択し、保存してください。

Illustratorでご入稿される場合は、AI形式またはEPS形式にて保存してください。

作成したバージョンを選択し、保存してください。下位バージョンで保存すると、そのバージョンの機能が失われ、トラブルが起きる原因となってしまう場合があります。

保存ファイル名にご注意ください。

ファイル名によって、異機種間のデータやり取りで文字化けなどのトラブルが発生することがあります。ご入稿データは適切なファイル名で保存してください。

※機種依存文字や「¥」「;」「.」「*」「/」「?」等はフォルダ名、ファイル名には使用しないでください。

※機種依存文字の数字(ローマ数字、丸囲み数字、括弧付き数字など)「①」「②」「③」、「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」等はフォルダ名、ファイル名には使用しないでください。

トッドから始まるファイル名(「.omotea4.ai」等)は表示されない場合があるので使用しないでください。

保存画面
AI形式で保存する手順
保存 ファイル名設定
[1]ファイルを保存する

「ファイル」→「保存」を選択し、「名前」に適切なファイル名をつけて「Adobe Illustorator書類(ai)」を選択します。

イラレオプション
[2]Illustoratorオプションを設定する

【1】バージョン

お客様がご使用のバージョンを選択してあるか確認してください。

※下位バージョンで保存すると不具合が起こる場合があります。

【2】オプション

・圧縮を使用にチェックを入れる

※その他のチェックは外す

【3】「OK」で保存完了

「OK」ボタンを押してドキュメントファイルを保存します。

EPS形式で保存する手順
保存 epsファイル名設定
[1]ファイルを保存する

「ファイル」→「保存」を選択し、「名前」に適切なファイル名をつけて「Illustorator EPS(eps)」を選択します。

EPSオプション
[2]EPSオプションを設定する

【1】バージョン

お客様がご使用のバージョンを選択してあるか確認してください。

※下位バージョンで保存すると不具合が起こる場合があります。

【2】プレビューフォーマット

ご使用のOSがMacintoshなら「Macintosh(8-bitカラー)」、Windowsなら「TIFF(8-bitカラー)」を選択してください。

【3】透明

オーバープリントは保持し、設定は「高解像度」を選択してください。

【4】フォント又はオプション

「他のアプリケーション用にフォントを埋め込む」にチェックしてください。

(ただし埋め込めないフォントもございますので、フォントはアウトライン化してください。)

【5】オプション

画像を配置している場合は「配置した画像を含む」にチェックしてください。他の項目のチェックは外してください。

【6】Adobe PostScript

「3」を選択してください。

【7】「OK」で保存完了

「OK」ボタンを押してドキュメントファイルを保存します。

サポートセンター問い合わせ先
テクニカルガイドINDEXへ戻る
オススメ・新商品
Illustratorデータ注意点
プロが教える印刷塾
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ