特色とプロセスカラー(CMYK)について

特色は弊社にてプロセスカラーへ近似色に置き換えて印刷します。

弊社では、封筒印刷を除いてDICやPANTONEといった特色印刷には対応しておりませんので、特色が使用されているデータをご入稿の場合、全て弊社でCMYKでの近似色に置換されます。

特色にはCMYKでは表現できない色も含まれているため、予めご了承ください。

※特色が使用されているデータをご入稿の場合、全て弊社でCMYKでの近似色に置換されます。

※DICなど特色をご指示頂いた場合も、弊社では(データ通りの)CMYK値で印刷致します。

※データの中には特色使用箇所の色が抜け、何も印刷されないこともございますのでご注意ください。

※特色が使用されているデータをご入稿の場合、弊社で自動による置換を行います。その際、色の変化については確認しておりませんのであらかじめご了承ください。

プロセスカラーへの変換方法のアプリケーション別ガイド
イラストレータ
フォトショップ
Adobe Illustrator特色をCMYKの近似色に置き換える方法

特色(スポットカラー)設定はトラブルの原因となります。

スウォッチパレットに特色(DICなど)を示す、「右下の三角に点」が表示されているものは特色(スポットカラー)なので、「スウォッチオプション」でカラータイプを プロセスカラーに指定し直してください。

スウォッチ
[1] スウォッチパレットにある
「特色」があるか確認

ウィンドウ」メニュー→「スウォッチ」にてスウォッチパネルを開きます

右下の三角に点」が表示されているものは特色スウォッチです。

ダブルクリックしてスウォッチオプションを開きます。

スウォッチ
[2] カラーモードを「CMYK」へ変更

スウォッチオプションにて、カラ―モードを「CMYK」へ変更します。

[3] カラータイプを「特色」から
「プロセスカラー」へ変更

スウォッチオプションにて、カラータイプを変更することで特色スウォッチをCMYKへ変更することができます。

※このとき「グローバルカラー」のチェックを外さないようにご注意ください。

スウォッチ
[4] スウォッチパネルの「特色」が変更されているか確認する

CMYKに変更されたスウォッチは「右下の三角に点」がなくなります。

[5] 特色からCMYKへ変更した色は変更後の色の変化を確認する

特色にはCMYKでは表現できない色も含まれており、置換時には色の変化にご注意ください。

※特色にはCMYKでは表現できない色も含まれており、置換時には色の変化にご注意ください。

※特色が使用されているデータをご入稿の場合、弊社で自動による置換を行います。その際、色の変化については確認しておりませんのであらかじめご了承ください。

Adobe Photoshopのダブルトーンモード、スポットカラーチャンネル

ダブルトーンやスポットカラーチャンネルの特色設定はトラブルの原因となります。

プロセス印刷では特色の設定に利用される「ダブルトーンモード」や「スポットカラーチャンネル」には対応しておりません。

カラーモードがCMYKでのご入稿でない場合はデータ不備として再入稿になってしまいます。

入稿前に事前にプロセスカラー(CMYK)へ変換してご入稿下さい。

また、Adobe Photoshopデータ入稿での特色印刷は対応しておりませんので、ご希望の場合はサポートセンターまでお問い合わせください。

スウォッチ
ダブルトーンのプロセス変換方法

「イメージ」メニュー→「モード」→「CMYKカラー」

※8bit/チャンネル

スウォッチ
スポットカラーチャンネルの
プロセス変換方法

「チャンネルパレット」で「スポットカラーチャンネル」を選択し、「チャンネルパレット」サブメニューのスポットカラーチャンネルを統合を実行する。

※ 特色からCMYKへ変更した色は変更後の色の変化を確認する

特色にはCMYKでは表現できない色も含まれており、置換時には色の変化にご注意ください。

※特色にはCMYKでは表現できない色も含まれており、置換時には色の変化にご注意ください。

※特色が使用されているデータをご入稿の場合、弊社で自動による置換を行います。その際、色の変化については確認しておりませんのであらかじめご了承ください。

サポートセンター問い合わせ先

テクニカルガイドINDEXへ戻る

オススメ・新商品
特色に関するページ
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ