オフィス印刷ならJBFにお任せください。

Windows版Office入稿ガイド

オフィスデータはPDF形式でご入稿ください

マイクロソフトオフィスのアプリケーションで作られたデータはPDF形式で保存していただければ印刷用データに変換できます。

※Windows版マイクロソフトのオフィスに限ります。

マイクロソフトオフィスのアプリケーションで制作したデータを入稿する際はPDF形式で保存してください。

ソフトのバージョンによっては、直接作成出来ない場合もあります。対応しているバージョンをご確認下さい。

ネイティブデータは受け付けておりません。もしネイティブデータでのご入稿になるとデータ不備となって弊社よりご連絡させていただきます。

PDF形式以外にXPS形式でのご入稿も可能です。

> XPS形式への変換方法はこちら

PDFデータ入稿

Windows版Office

【Step1】まずはお客様のオフィスデータをPDF変換し、Adobe Reader もしくはAcrobatで下記の内容を確認して下さい

PDF入稿の際は下記の内容を確認するため、Adobe Reader、もしくはAcrobatのアプリケーションが必要です。

> Adobe Readerのダウンロード(無料)はこちら

ご入稿前にPDF変換したデータをご確認下さい。
サイズがあっているか?

データサイズとご注文サイズが合ってるかご確認下さい。

> 各オフィスアプリケーションのサイズ設定について

塗り足しがあるか?

文字や絵柄など切れてはいけないものが印刷の断裁位置の近くにあると断裁時にずれた場合切り落とされてしまうことがあります。「塗り足し」と「文字切れ」にご注意下さい。

> 塗りたしと文字切れについて

影、透かし合成等の透明効果がきちんと表現されているか?
文字化け、体裁崩れがないか?テキスト情報の埋め込みを確認して下さい。

フォント情報がエンベックされていない(埋め込まれていない)ものは文字化けなどの恐れがあるため、レイアウトに問題がないか再度ご確認をお願い致します。

> フォントのテキスト情報が埋め込まれているか確認する方法

オフィスデータは画面上と仕上がり時の色味が変わってしまうことがあります。ご注意ください。

> カラーモードを変換した時の色の変化の詳細はこちら

> 各オフィスデータを入稿する時の注意点の詳細はこちら

PDFデータのサイズ、フォント確認方法

[1]PDFを開き「ファイル」のプロパティを開きます。

PDFのプロパティ

[2]「概要」でサイズを確認します。「ページサイズ」がご注文いただいたサイズの塗り足しサイズになっているかをご確認下さい。

PDFの概要

[3]「フォント」を確認します。「埋め込みサブセット」と表示されていれば使用フォントが埋め込まれていることになります。

PDFのフォントの埋め込み
フォントの埋め込みがうまくいかない場合のPDFデータ作成方法

【Step1】まずはお客様のWindowsのOS、Officeのバージョンをご確認下さい

Windows 7
Windows 8
Windows 10
Office 2010
Office 2013
Office 2016
Office 2019

【Step2】PDF変換するためにもっているアプリケーションをご確認下さい

Adobe Acrobatをお使いの方はこちら

Windows 2000 /XP/Vista/Server 2003の方

無料のPDF変換ソフト「PrimoPDF」を活用したPDF作成方法をご紹介します。

Windows XP/VISTA/7/8/10の方

無料のPDF変換ソフト「CubePDF」を活用したPDF作成方法をご紹介します。

Adobe Acrobat のPDF変換方法
オフィスの印刷のウィンドウ

【Step1】印刷のウィンドウを開く

[1]「ファイル」メニュー→「印刷」をクリック

[2]「プリンター」→「Adobe PDF」を選択し、「プリンターのプロパティ」をクリックします。

オフィスの「プリンターのプロパティ」

[3]「プリンターのプロパティ」ウィンドウの「レイアウト」タブを選択し「詳細設定」をクリック

オフィスの印刷の「詳細設定」 オフィスのカスタムページサイズ

【Step2】「詳細設定」をする

必要な内容を変更して「詳細設定」のOKをクリックする

<変更ポイント>

●「用紙サイズ」→「お客様の作成されたデータサイズ」用紙サイズを設定する場合はカスタムページで編集

●「印刷品質」→「600dpi」

●「TrueTypeフォント」→「ソフト フォントとしてダウンロード」

●「TrueTypeフォントダウンロードオプション」→「アウトライン」

<変更ポイント>

【PostScriptカスタムページサイズ】塗り足しサイズなど用紙サイズに作成したサイズがない場合設定する場合は 「PostScriptカスタムページサイズ」で作成したサイズを設定する

PDF書き出し

【Step3】PDF書き出し

「プロパティ」ウィンドウを「OK」して「印刷」をクリックする

PDFへの変換は「名前を付けて保存」→「PDF」保存をするで変換することもできますが、プリンタードライバーを通してPDF変換することをオススメしております。

【Step4】PDF形式のデータを開いて確認事項を確認して入稿する

ご入稿前にPDF変換したデータをご確認下さい。

PrimoPDFを使用したPDF変換方法

【Step1】PrimoPDFをインストールします。

● Windows 2000、XP、 Vista、または Server 2003の場合→

> PrimoPDFダウンロードページはこちら

● Windows 7の場合→

> PrimoPDFダウンロードページはこちら(英語版)

インストールが終了したら、作成したデータを作成されたOfficeソフトで開きます。

「PrimoPDF」を選択

【Step2】印刷のウィンドウを開く

[1]「ファイル」メニュー→「印刷」をクリック

[2]「プリンター」→「PrimoPDF」を選択し、「プリンターのプロパティ」をクリックします。

オフィスの印刷のウィンドウ

[3]「プリンターのプロパティ」ウィンドウの「レイアウト」タブを選択し「詳細設定」をクリック

「詳細設定」 PostScript

【Step3】「詳細設定」をする

必要な内容を変更して「詳細設定」のOKをクリックする

<変更ポイント>

●「用紙サイズ」→「お客様の作成されたデータサイズ」用紙サイズを設定する場合はカスタムページで編集

●「印刷品質」→「600dpi」

●「TrueTypeフォント」→「ソフト フォントとしてダウンロード」

●「TrueTypeフォントダウンロードオプション」→「Native True Type」

【PostScriptカスタムページサイズ】

塗り足しサイズなど用紙サイズに作成したサイズがない場合設定する場合は 「PostScriptカスタムページサイズ」で作成したサイズを設定する

【Step4】PDF書き出し

【Step4】PDF書き出し

「プロパティ」ウィンドウを「OK」して「印刷」をクリックしてPDFを書き出します。

【Step5】PDFの作成

【Step5】PDFの作成

少し間を置いて「PrimoPDF」のウィンドウが開きます。

「プリプレス」を選択し、書き出されたPDFの保存先を指定し「PDFの作成」をクリックします。指定された保存先にPDFが保存されます。

【Step6】PDF形式のデータを開いて確認事項を確認して入稿する

ご入稿前にPDF変換したデータをご確認下さい。

CubePDFを使用したPDF変換方法

【Step1】CubePDFをインストールします。

● 対応OSはWindows VISTA/7/8/8.1/10(32bit/64bit対応)Microsoft .NET Framework 2.0以上が必要になります。

> CubePDFダウンロードページはこちら

インストールが終了したら、作成したデータを作成されたOfficeソフトで開きます。

「CubePDF」を選択

【Step2】印刷のウィンドウを開く

[1]「ファイル」メニュー→「印刷」をクリック

[2]「プリンター」→「CubePDF」を選択し、「プリンターのプロパティ」をクリックします。

詳細設定

[3]「プリンターのプロパティ」ウィンドウの「レイアウト」タブを選択し「詳細設定」をクリック

詳細設定オプション PostScript

【Step3】「詳細設定」をする

必要な内容を変更して「詳細設定」のOKをクリックする

<変更ポイント>

●「用紙サイズ」→「お客様の作成されたデータサイズ」用紙サイズを設定する場合はカスタムページで編集

●「印刷品質」→「600dpi」

●「TrueTypeフォント」→「ソフト フォントとしてダウンロード」

●「PostScript 出力オプション」→「エラーが軽減するよう最適化」

●「TrueTypeフォントダウンロードオプション」→「アウトライン」

【PostScriptカスタムページサイズ】

塗り足しサイズなど用紙サイズに作成したサイズがない場合設定する場合は 「PostScriptカスタムページサイズ」で作成したサイズを設定する

【Step4】PDF書き出し

【Step4】PDF書き出し

「プロパティ」ウィンドウを「OK」して「印刷」をクリックしてPDFを書き出します。

【Step5】PDFの作成

【Step5】PDF書き出し

「CubePDF」のウィンドウが開くので出力ファイルの保存先を設定し、「変換をクリック」します。

【Step6】PDF形式のデータを開いて確認事項を確認して入稿する

ご入稿前にPDF変換したデータをご確認下さい。

オフィス入稿おまかせサービス

オフィス印刷の人気商品をご紹介!!

オフィスデータの資料印刷はJBFにおまかせ!
資料イメージ
今までプリンターで出していたプレゼン資料・会議資料・セミナー資料等や手作業でのセット組、ホッチキス留めで時間をかけていた資料制作はJBFにお任せ下さい!!もちろんホッチキス留め、ホッチキス無しでもご対応しております。
既製封筒オフィステンプレートでかんたん作成
オフィステンプレートで封筒作成
既製封筒のデータ作成に活用できるMicrosoft Office専用ワードとパワーポイントの既製封筒テンプレートをご準備いたしました。それぞれの封筒の仕様に合わせたテンプレートを使って、封筒デザインデータをお作りいただけます。
名刺の無料デザインテンプレート簡単作成
ワードで名刺デザインテンプレート
名刺無料デザインテンプレートをイラストレータとWordでご準備しております。使いやすい方をご自由にご利用下さい。データをダウンロードして名前やロゴを変更するだけなのでかんたんに名刺を作成することができます。
とにかく安く!オフィスデータを激安印刷
おまかせチラシ
紙種限定のおまかせフライヤー!チラシに最適なコート68kg、73kg、または90kgとなります。通販印刷だからできるとことん安さを追求した商品です。チラシもオフィス入稿できるから安くて早いを実現できます!
印刷通販JBFサポートセンター

ようこそ、ゲストさま

ID

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録 自動見積りフォーム 営業日カレンダー

オススメ・新商品

チラシ・フライヤー印刷について詳細はこちら 印刷+ポスティングの詳細
オフィス印刷入稿ガイド

商品メニュー

テンプレートダウンロード

たいせつにしますプライバシー

取り扱いカード

VEGETABLE OIL INK

サポートセンター

ページトップへ

ページTOPへ