Illustratorのラスタライズ処理について

Illustratorデータ作成時の注意点
安定したデータ作りのために重いデータを軽くしよう!
複雑なデータはトラブルのもとになります。

Illustratorでパスの多い複雑なオブジェクトや、不透明度を多用した場合、ドロップシャドウ等のスタイライズ効果を使用されている場合は、データ容量が重くなる上に、印刷時に色の変化やオブジェクトの抜けなど、思わぬトラブルやエラーにつながってしまう危険があります。

それらを防ぐために、以下のような「ラスタライズ処理」をお勧めしております。

ラスタライズとは?

ラスタライズは、パス等の複雑なデータやぼかし、透明化効果などをベクトルデータではなく画像(ピクセル)へ変換することです。

ベクトルデータでなくなるため、パスの形状や色、フォントなどの編集はできなくなります。その分、データがシンプルになりエラーやトラブルの防止となります。

ラスタライズとは?
Illustratorのラスタライズにする方法
選択
[1] ラスタライズしたいオブジェクト(画像)を選択する

ラスタライズしたいオブジェクトを選択します。

※画像は埋め込まれた状態にしてから選択してください。

※レイヤー・オブジェクトの上下に気を付けてください。

ラスタライズ設定
[2] ラスタライズを表示する

「オブジェクトメニュー」→「ラスタライズ」

【1】カラーモード

・CMYK

【2】解像度

・その他:350ppi

※細いラインがある場合等デザインによっては600ppiの設定が必要な場合もあります。

【3】背景

・透明

【4】オプション

・アンチエイリアス:アートに最適

・特色を保持:チェックをオフ

OK
[3] OKをクリックする

設定後、ダイアログのOKをクリックすると、選択していたオブジェクトがラスタライズされ、データがシンプルになり容量が軽くなります。

※ラスタライズ処理後は必ず見た目に問題がないかご確認ください。

※ラスタライズをしたデータは元に戻すことができません。ラスタライズの前には、データをバックアップとして複製しておくことをお勧めします。

※ラスタライズした画像を拡大すると画像が粗くなりますのでご注意ください。

※データサイズは画像のサイズや解像度に比例します。大きなオブジェクトをラスタライズされる場合、データサイズが大きくなる場合もあります。

サポートセンター問い合わせ先
テクニカルガイドINDEXへ戻る
オススメ・新商品
Illustratorデータ注意点
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ