Illustratorの印刷されない線とレイヤーについて

Illustratorデータ作成時の注意点
ヘアラインや不可視レイヤーは印刷されません。

Illustratorには印刷されない「線」や、「レイヤー」があります。

十分注意してデータを作成してください。

印刷されない「線」にご注意ください。
ヘアラインは印刷されません。
「塗り」にのみ色の設定をした線(ヘアライン)は印刷されません

Illustratorで作成する場合、オブジェクトには「塗り」と「線」の設定があります。「塗り」はオブジェクトの面の色を設定し、「線」はオブジェクトの枠の色を指定します。ここで注意したいのが罫線(直線)のパスを作ったときです。

このラインは、出力機で出力できる最も細い線となり、画面やプリンターではある程度の太さになりますが、印刷ではかすれたような極細線で出力されるか濃度によっては消えてしまいます。

「ヘアライン」は見逃しがちなので注意が必要です。

ヘアラインとは?

罫線(直線)に対してカラーパレットで「塗り」部分にのみ色指定がされ、線幅がゼロ(空欄)のラインを「ヘアライン」と呼びます。画面上やプリンターではある程度の太さになりますが、印刷ではかすれたような線になり、濃度によっては全く見えなくなる場合もあるので注意が必要です。

ヘアラインのイメージ
ヘアラインの解説
線幅で設定されている罫線
線0.3pt設定

線幅は0.3pt以上を推奨しています

ほぼ画面で見たままの太さで仕上がります。

線幅は0.2pt以下では細すぎてうまく印刷が再現されない場合があるので0.3pt以上を推奨しています。

塗り設定の罫線(ヘアライン)
塗り設定の線ヘアライン

塗りの設定だけの罫線は印刷されません

画面上で見えていても、印刷されるとかすれてほとんど見えません。

罫線の場合は気づきにくい場合があるので注意が必要です。

「線」の設定にご注意ください。
「線」のみで塗りのあるオブジェクトを作成するのは注意してください。

「線」に色を設定して、ベタ面のように表現したり、「線」に色を設定して作成したオブジェクトが極端に細長い(小さい等の)形状であった場合、画面上で見えている形状と同じような形状では印刷されない場合があります。

このようなトラブルを避けるためにも、オブジェクトは「塗り」に色を設定して作成してください。また、「線」に色を設定して作成された場合は、「パスのアウトライン化」をしていただくことをお勧めします。

線で塗りイメージ

線で形成された塗りのオブジェクトは、画面上では思い通りの塗りのオブジェクトになっていても、同じような形状で印刷されない場合があり、予期せぬ仕上がりになる場合があるので注意が必要です。

パスのアウトライン化
パスのアウトライン化
オブジェクトを選択し、パスをアウトライン化する

「オブジェクト」→「パス」→「パスのアウトライン」

印刷されない「レイヤー」にご注意ください。
不可視レイヤーは印刷されません
可視レイヤーの部分しか印刷されません。

レイヤーに不可視設定がある場合、レイヤー内のオブジェクトは画面に表示されず印刷もされません。

表面のデータを可視、裏面のデータを不可視の状態で入稿されましても弊社では可視レイヤーの部分のみ印刷いたしますのでご注意ください。

不可視レイヤー
その他の印刷されないレイヤー
レイヤーオプションの「テンプレート」やにチェックを入れないでください。

レイヤーオプションで、『テンプレート』にチェックの入っているレイヤーは印刷されません。画面上では見えていて、オブジェクトもありますが印刷データには含まれませんのでご注意ください。

レイヤーオプション
レイヤーオプションの「プリント」にチェックを入れてください。

レイヤーオプションで、『プリント』にチェックの入っていないレイヤーは印刷されません。画面上では見えていて、オブジェクトもありますが印刷データには含まれませんのでご注意ください。

レイヤーオプションのプリント
サポートセンター問い合わせ先
テクニカルガイドINDEXへ戻る
オススメ・新商品
Illustratorデータ注意点
プロが教える印刷塾
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ