InDesign PDF入稿時の注意

InDesign PDFデータ作成時の注意点

InDesign PDFはCS2/CS3/CS4/CS5/CS6/CCのバージョンに対応

InDesignでのご入稿はPDF(X-1a、X-4)のみ対応致しております。(対応バージョン:CS2、CS3、CS4、CS5、CS6、CC)です。各バージョンに合わせた「InDesign PDF作成ガイド」をご参照の上、PDFの作成をお願い致します。

サイズ設定(制作を始める前に)について
ページサイズ設定は塗り足しを含めたサイズ設定で作成してください

弊社では基本的にサイズ変更を行っておりません。あらかじめご了承ください。

フチなし印刷をご希望の場合は塗り足しをつけてください。塗り足しが足りない場合は再入稿の対象となりますのでご注意下さい。

PDF作成の前にドキュメント設定をご確認ください。
【Step1】「ドキュメント設定」を選択

メニューから「ファイル」→「ドキュメント設定」を選択します。

【Step2】「ドキュメント設定」の内容を確認する

【1】ページサイズの幅、高さがご注文サイズと合っていることをご確認ください。

【2】右綴じ・左綴じの綴じ方向もご確認下さい。

【3】裁ち落とし(塗り足し)が3mmに設定されていることをご確認ください。

ドキュメント設定

※ご注文サイズとデータサイズ(フチなし印刷ご希望の場合は仕上がりサイズより縦:6mm、横:6mm大きいサイズ)が違う場合はデータ不備となって弊社より再入稿をご連絡させていただく場合がございます。

「塗り足し」と「文字切れ」にご注意ください
フチなし印刷をご希望の場合は必ず塗り足しを設定してください。
仕上がり位置のギリギリに文字や絵柄を配置する場合はご注意ください。

文字や絵柄など切れてはいけないものが印刷の断裁位置の近くにあると断裁時にずれた場合切り落とされてしまうことがあります。

塗り足しが十分に無い場合、データ不備として、印刷作業に進むことができません。データを修正後再入稿をしていただく必要がございます。

紙端に白いフチが出ても構わないという場合

弊社では完全データのご入稿が必須となるため、塗り足しがない場合は必ず再入稿となります。まずは「用紙サイズを設定」で塗り足しを含んだデータサイズで作成してください。

どうしても、塗り足し作成ができない場合は弊社から送られる再入稿依頼メール後データは再入稿されずに、弊社サポートセンターまでお電話にて「塗り足しなしでそのまま印刷OK」とご連絡ください。確認後データチェック完了メールをお送りします。

フォントについて
ご入稿前に作成したPDFの「フォントの埋め込み」をご確認ください

PDFの特徴として「同じ環境、同じアプリケーション、同じフォントが必要ない」ということがありますが、フォントが埋め込まれていなければレイアウトが崩れ、トラブルの原因になってしまいます。念のため可能であればフォントをアウトライン化してください。

ご入稿前に必ずフォントが埋め込まれているか確認してください。埋め込みの確認はメニューバーの「ファイル」→「プロパティ」→「フォント」で確認することができます。フォント名の横に「埋め込みサブセット」と表示されていればフォントが埋め込まれています。

フォントの埋め込み画像
ご入稿PDF作成の注意点
InDesignのバージョンでPDF作成の設定方法が異なる場合があります。

お使いのInDesignのバージョンをご確認いただき、PDF作成の際の設定方法をご確認の上、PDF作成を行ってください。

ご入稿前に完成したPDFをご確認ください

●サイズがあっているか

●塗り足しがあるか

●影、透かし合成等の透明効果がきちんと表現されているか

●文字化け、体裁崩れがないか…等

※印刷に適したPDFになっていないデータに関してはデータ不備として再入稿になりますので予めご了承ください。

サポートセンター問い合わせ先
テクニカルガイドINDEXへ戻る
オススメ・新商品
InDesign PDFの注意点
プロが教える印刷塾
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ