PowerPointデータのXPS変換方法について

PowerPointで制作したデータを入稿する際は注意点をよくご確認の上、入稿してください。

※Mac Officeには現在対応しておりません。

PowerPoint形式などのネイティブデータは基本的に受け付けておりません。ネイティブデータでのご入稿になるとデータ不備となって弊社よりご連絡させていただく場合がございます。ネイティブデータでのご入稿の際は「オフィス入稿おまかせサービス」をご利用下さい。

Microsoft Office Wordで作成したデータはPDFでの入稿も可能です。

ここではXPS形式で保存する方法をご紹介しています。

XPSデータとは?

簡単にいうと、マイクロソフト版のPDFという環境非依存のフォーマットです。

書体も完全に埋め込まれるため、MS Officeデータを正しく印刷できます。

※フリーフォント等で一部埋め込まれない書体もあります。

PowerPointのXPS変換方法
【Step1】まずはお客様のWindowsのOS、Officeのバージョンをご確認下さい
Windows 7
Windows 8
Windows 10
Office 2010
Office 2013
windows7の画面、Office2010使用の例
【Step2】データを「XPS」に変換

[1]それぞれのWindows、Officeのバージョンで「名前を付けて保存」→「XPS」ファイル保存をする

[2]ファイル保存先に拡張子.xpsのデータが生成。生成したXPSデータを開き、XPSビューアーにてデザインが崩れてないか、フォントがきちんと表示されているか、確認後ご入稿ください。

XPSイメージ
そして
入稿

※オフィスデータは画面上と仕上がり時の色味が変わってしまうことがあります。ご注意ください。

ppデータ
PowerPointのデータ作成時の注意点
サポートセンター問い合わせ先
テクニカルガイドINDEXへ戻る

ようこそ、ゲストさま

ID

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら
新規会員登録 自動見積りフォーム 営業日カレンダー

オススメ・新商品

チラシ・フライヤー印刷について詳細はこちら 印刷+ポスティングの詳細
PowerPointデータ作成注意点
プロが教える印刷塾

商品メニュー

テンプレートダウンロード

たいせつにしますプライバシー

取り扱いカード

VEGETABLE OIL INK

サポートセンター

ページトップへ

ページTOPへ