Photoshopの画像解像度について

Photoshopデータ作成時の注意点
画像解像度は印刷に適した解像度にしてご入稿下さい
画像解像度は300~350dpi(モノクロは600doi推奨)で作成してください

印刷に適した画像解像度は、300dpi~350dpiです。(グレースケールの場合は600dpiを推奨)です。

使用されている画像が十分な解像度のない場合、極端に解像度が低く、画像に含まれる文字が読めなかったり、印刷の仕上がりが極端にぼやけた仕上がりになってしまう場合はデータ不備として再入稿になる場合がありますので予めご了承ください。

dpiとppiの違いとは?

画像の解像度とは、画像の密度のことで、印刷用データには解像度の密度が高い画像が必要です。

>画像解像度について

解像度説明
画像解像度が低いと印刷品質に影響します。

解像度が高い方は350dpi、低い方は72dpiの画像のイメージです。

解像度が高いと印刷物にで細部のティールがしっかり表現されていて美しい仕上がりになっています。

解像度が低いと非常にぼやけた印象の画像になってしまいます。

解像度が高い場合
350dpiイメージ
解像度が高い場合
72dpiイメージ
Photoshopの画像解像度の設定・変更方法
解像度
ドキュメントの解像度を
確認・変更する場合

「レイヤー」→「画像解像度」

画像解像度のダイアログが表示されます。

ここで解像度の確認と設定を行います。

[例]解像度72dpiの画像を350dpiに変更する方法
解像度のイメージ
解像度変更01
[1] 画像の再サンプルのチェックを
オフにする

「画像解像度」メニュー→「画像の再サンプル」チェックをはずします。

画像の再サンプルにチェックが入ったままになるとピクセル数が増えるだけで、画像のサイズや密度が変更されたことにはなりません。ご注意ください。

解像度変更02
[2] 解像度を変更する

解像度を350pixel/inchにする。

ピクセル数は変更されずに、ドキュメントのサイズが解像度に応じて適切な値に変更されます。

【注意】

解像度の変更によってドキュメントサイズも変わる例として、例えば「72dpi」でA4(210×297mm)サイズのデータの解像度を「350dpi」に変更するとドキュメントのサイズは「43×61mm」のサイズまで小さくなってしまいます。

A4実寸サイズで350dpiの解像度が必要な場合は、初めに「A4サイズで350dpi」にドキュメント設定し、350dpiに準ずる精度の画像をドキュメント内にレイアウトする必要があります。

>新規ドキュメント作成時の画像解像度の設定

※デジタルカメラなどで撮影した写真画像はほとんどが72dpiになっておりますのでご注意ください。また、解像度が350dpiを超過するデータをご使用になっても仕上がりはほとんど変わりません。

Photoshopの新規ドキュメント作成時の画像解像度の設定
新規ドキュメント設定

「ファイル」→「新規」

※解像度は300~350dpiが印刷に適しています。(モノクロは600pdiを推奨)

※カラーモードは必ずCMYK(8bit)を選択くしてください。

新規設定

データが大きすぎる場合

データサイズが幅・高さのいずれかが30,000pixelを超えるような大きな場合には、EPSやPSD形式で保存することができません。

350dpi以上の高解像度の画像でご入稿いただきましたデータについて

弊社では350dpi以上の高解像度の画像でご入稿いただきましたデータについては、全て適正解像度に自動でダウングレード(解像度を下げて)して、印刷に進めさせていただいています。あらかじめご了承ください。

サポートセンター問い合わせ先

テクニカルガイドINDEXへ戻る

オススメ・新商品
Photoshopデータ注意点
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ