印刷通販を注文するなら知っておきたい基礎知識

分かっているようで分からない印刷の基礎知識やもっと理解することで今後の印刷データの作り方が変わるかも?

そんな情報を紹介していきます。印刷物を作るときの知識としてお役立てください。

vol.53
オフィスで印刷データ作成講座2

Officeデータを入稿前に注意したい効果や機能

ご入稿前に必ずプレビューを確認してください。

Microsoft Officeには便利な機能はいろいろありますが、その中でも印刷に適さない効果などがあり、アプリケーションで表示していた表現と印刷したものでは再現が異なる場合がございます。

今回ご紹介する注意したい機能以外にも印刷で再現できない機能がある場合がございます。必ずご入稿前に入稿データをプレビューにてご確認いただいてからご入稿下さい。

プレビュー確認

ご使用になれない機能

段落番号の設定機能は意図しない番号になってしまう場合があります。

Word、PowerPoint、Publisherで段落番号の機能がございますが、こちらを使われた場合、印刷の際に意図しない番号順になることがございます。ご入稿前に必ずプレビューをご確認ください。

【2003の場合】「書式」→「箇条書きと段落番号」

【2007/2010/2013の場合】「ホーム」→「段落」

0.25pt以下の線は使用できません

線の太さを0.25pt以下でご使用なりますと印刷に反映されない場合がありますので細い線にはご注意下さい。また、1pt以下の線をご使用になり、薄い線色をご使用された場合も同様に印刷に反映されない場合があります。ご注意ください。

透明・半透明の機能は使用できません

透過・半透明の機能は印刷物の再現が思うようにならない場合がございます。透明・半透明の機能はご使用されないようお願いいたします。

透明半透明

背景の機能の注意点

背景は塗り足しにご注意いただき、図形や画像などで背景となるオブジェクトを配置するようにしてください。

背景の「塗りつぶし効果」にあるすべての機能は印刷に反映されない場合があります。

【塗りつぶしの効果】

「書式」→「背景」→「塗りつぶしの効果」または「デザイン」→「ページの色」→「塗りつぶし効果」

【使えない項目】

・グラデーション

・テクスチャー

・パターン

・図

上記機能をご使用にされた際は必ずご入稿前のデータをご確認してからご入稿下さい。
塗りつぶし
グラデーションを使用した例
背景の効果は塗りつぶしの機能を使わず、図形や画像を配置して下さい。

背景としてオブジェクトを配置する際はデータの端まで配置してください。その際、塗り足し部分にも配置するようにしてください。

背景は図形で表現

文字の機能の注意点

小さすぎる文字は使用しないでください。

8pt下のフォントを使用されると文字が欠ける場合がございます。ご了承下さい。

太すぎる文字は使用しないでください。

太字で表現される場合はボールド(太字)のご利用を控えていただき、太い書体を使用されることをお勧めします。(ボールド(太字)をご使用になると文字の太さなどによってつぶれた仕上がりになる場合があります。)

フォントはパソコンの環境に依存します。必ずXPS形式で保存してください。

XPS形式とはマイクロソフト版のPDFという環境非依存のフォーマットです。書体も完全に埋め込まれるため、MS Officeデータを正しく印刷できます。

※フリーフォント等で一部埋め込まれない書体もあります。

画像

Wordで制作したデータを入稿する際はXPS形式で保存してください。Word形式などのネイティブデータは基本的に受け付けておりません。

もしXPS形式以外でのご入稿になるとデータ不備となって弊社よりご連絡させていただく場合がございます。

>WordのXPS変換について

>PowerPointのXPS変換について

印刷通販JBFサポートセンター
印刷塾バックナンバー
新規会員登録はこちらから
オススメ・新商品
Officeの注意・機能
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ