印刷通販を注文するなら知っておきたい基礎知識

分かっているようで分からない印刷の基礎知識やもっと理解することで今後の印刷データの作り方が変わるかも?

そんな情報を紹介していきます。印刷物を作るときの知識としてお役立てください。

vol.17
印刷用語集01

網点とモアレ(干渉縞)とドットゲインの解説

網点とは?

オフセット印刷は微細な点を精巧に表現でき、ぬりつぶしもむらなく再現できるなど、広い表現力をもつ印刷方式です。

また、色の濃淡を表現するために、濃さに応じた微細な点を生成し、ドットの大きさを変えて濃淡を表現しており、その微細な点のことを「網点」といいます。

>オフセット印刷機とは?

網点イメージ
階調網点
■網点と線数

網点はルーペで見ないとわからないほど細かいです。網点の細かさを表す単位を「線数」といい、単位はlpi(=line perinch・線ともいう)です。線が大きいほど、ひとつの網点の大きさは小さくなります。

モアレ(干渉縞)とは?

モアレ(干渉縞)とは規則正しく整列した網点同士が干渉し、発生してしまう縞模様のことです。

印刷するデータによっては網点が干渉しやすくモアレが発生する可能性があります。

モアレイメージ
【細かい模様などの表現】

細かい網点や細いストライプ模様などの場合は、印刷の際に網点が干渉しやすくモアレが発生する場合があります。

細かい表現
【スキャンしたデータ】

印刷したものをスキャンして、それを次の印刷データとして使用する際、元の印刷物の網点に新たな網点が干渉してしまうためモアレが発生しやすくなってしまいます。

>Photoshopでスキャンデータのモアレを軽減する方法

スキャンイメージ
【トーンを使用したデータ】

グレースケールの上にトーン処理されたデータを重ねてしまうと、モアレが発生しやすくなります。

ドットゲインとは?

ドットゲインとは網点の網点のつぶれやインキのにじみが原因で、版の網点よりも印刷の網点が大きくなってしまうことです。

網点が大きくなると濃淡の再現性が変わってくるため色の差が出てきます。

ドットゲインには物理的ドットゲインと光学的ドットゲインがあります。

ドットゲイン
オフセット印刷機仕組み

上記のようにシアン50%のオブジェクトの場合、網点と余白は50%ずつのはずですが、何らかの原因によって印刷後の網点が65%になってしまった場合、ドットゲイン値は15%になり、データ上のシアン50%よりも濃く見えることになります。

■物理的ドットゲイン

オフセット印刷機は版からインキをブランケットに転写し、ブランケットから紙に転写して印刷します。その転写の際に印刷圧がかかります。印刷圧等によって網点がつぶれたりにじんだりして、版の網点よりも大きくなってしまうことがあります。

物理的ドットゲイン
■光学的ドットゲイン

実際の網点の大きさではなく、用紙の光拡散によって網点の周囲に生じる影網点の太る原因を言います。紙中に網点の影が発生するため、網点周囲の反射光が白紙部分より少なくなります。

光学的ドットゲインは紙表面の質によって変わります。表面が平滑であればドットゲインは小さく凹凸が大きいとドットゲインも大きくなります。

光学的ドットゲイン
印刷通販JBFサポートセンター
印刷塾バックナンバー
新規会員登録はこちらから

[参考文献]

『改訂版 印刷発注の基本がわかる本』(2010)藤本隆著/日本能率協会マネジメントセンター

『カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2014』(2014)ワークスコーポレーション 書籍編集部編

オススメ・新商品
印刷用語集01
商品メニュー
テンプレートダウンロード
ISO14001認定印刷工場
たいせつにしますプライバシー
取り扱いカード
VEGETABLE OIL INK
未来が変わる。日本が変える。チャレンジ25
サポートセンター
ページトップへ